FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2011.08.20.Sat

江戸の銘菓、京の石蕗皿にのせました。 

東京の友人が、哲学の道店に立ち寄ってくれました。
お土産に、東京の銘菓 雷おこしをくださいました。
大心堂の特選おこし<古代> 雷おこし

コリッ!サックリ!歯ごたえが心地よい 雷おこし
ほど良い甘さに、お米とナッツの香ばしさが魅力的です。
スタッフみんなで美味しくいただきました。

「このお菓子を引き立てる干菓子皿」ということで
今回選んだのは、ほんとうの石蕗(つわぶき)の葉で作ったお皿です。

乾漆石蕗干菓子皿  乾漆石蕗干菓子皿 


とても軽くって、虫食いのような跡もそのまま残っている 趣きある品です。
な、なんと茎の部分もちゃんと残して、くるりん!と漆でかためてあるではないですか!

乾漆石蕗皿アップ


今では、ほんとうの葉で作る乾漆皿の作り手がいなくなってしまったとか。
またまた、伝統工芸の存続について心配してしまいます。


雷おこしと石蕗皿  雷おこしをのせたところ


そういえば、お菓子に添えてあった栞によると、
「<おこし>は千年以上前、平安の貴人にも広く賞味された」ということです。

長きにわたって愛されてきたお菓子と、自然の石蕗の菓子皿 とってもお似合いでした。


にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村  ← ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。



 | HOME |