FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2011.08.28.Sun

山端平八茶屋  麦飯とろろ汁

安土桃山時代(天正年間)若狭街道の街道茶屋として創業した平八茶屋さん

山端平八茶屋 平八前バス停 
                                            バス停=平八前


平八茶屋入口


平八といえば、何といっても 
栄養豊富な麦飯と消化の良いとろろを組み合わせた
麦飯とろろ汁が創業以来の名物です。

麦飯とろろ


平八茶屋の案内には、

「かつての若狭街道(鯖街道)を行きかう旅人は、当家の前で、しばしの休息をとった。

 これから都を出るものは、
 ここで“麦飯とろろ汁”をかきこんで、わらじの緒を締めなおして旅路につき、

 都に入るものは、
 ここで笠の緒を緩め、一服のお茶を飲んで、都に上っていった。

 江戸時代の旅行ガイドブックとも呼ばれる<拾遺都名所図会(しゅういみやこめいしょずえ)>
 には、山端の箇所に“麦飯茶屋”として名前が記されている。」

とあります。
        拾遺都名所図会の団扇



多くの文筆家、文化人もその作品に、平八茶屋の名を記しているという事です。
頼山陽・徳富蘆花・魯山人・・・
夏目漱石も小説「虞美人草」に登場させています。



本日は季節料理をいただきました。

むぎとろ薯蕷饅頭... むぎとろ薯蕷饅頭

ビールと鯛のお造ヒスイ茄子 ハモと卵豆腐のおつゆ 

団扇皿にほおずきトマト

芋タコなんきん

鮎の塩焼き

茄子と唐辛子の揚げだし豆腐 ハモのおとし

麦飯とろろ汁 麦飯とろろ汁

フルーツと抹茶アイス


仲居さんは赤いたすきに前掛けの、大原女(おはらめ)姿で、甲斐甲斐しく立ち働いていらっしゃいました。

すっかり贅沢なひとときをすごしたので

帰りは、歩いて帰りましょう。


にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村  ← ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。



 | HOME |