FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2011.09.17.Sat

私達の仕事 <手作業> 

株式会社うるしの常三郎
銀閣寺道店入口
銀閣寺道店入口



各店舗にいる私達の毎日は、もちろんお客様に漆器の良さや扱い方をお伝えすること。

お掃除や商品の展示、管理もしています。

でも、それだけではありません。



職人さんから仕上がって来た商品を検品、箱詰めすることも大切な仕事のひとつです。

これを<手作業>と呼んでいます。

片口小鉢 片口小鉢白紙包装 片口小鉢(溜色)



年季の入った「手作業カードと手作業ノート」が優れもの
手作業ノートと手作業カード

各店舗の手作業のようすを知ることができるので

困った事があれば、みんなで助け合って進めていきます。


箱に納めて

きれいに箱詰めできました。

片口小鉢箱詰め

                          
お遣い物はご希望があれば 御熨斗をかけて包装

今日もひとりひとりが、皆様によろこんでいただけるように努めております。

引出物包装


  < 京都店舗 > 

哲学の道店    075-751-0333
銀閣寺道店    075-752-5757
先斗町店      075-211-0678
神宮道店      075-771-6262
高台寺店      075-525-8090
曼殊院道工房   075-712-8282



↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村 

2011.09.15.Thu

ある休日の風景

休日、クッキーを作りました。

クッキー製作

卵と砂糖、薄力粉のほかに、アーモンドパウダーと砕いたクルミを入れます。
生地を、小さなうずらの玉子状に丸めて・・・

上手にできたと喜んでいたら、中にいれた砂糖の量が間違っていたことに気付きました。 
見た目はこんなにきれいなのに 

ポルボローネクッキー

レシピの二倍量の砂糖が入ってしまっています。

「ちょっと食べてみて!」 家族にお毒見(いいえ味見)させました。

「意外に美味しいよ。」 

「いける いける」

お友達にあげるのは断念。

家族で食べちゃうことに。

失敗作のクッキーでしたが、結局すべて消滅!( お腹の中に )




さてもうひとつ

夏が行き過ぎてしまわないうちにレースのカーテンも洗っておかなくては!!

レースのカーテン洗濯後


洗ったら脱水して、濡れたままカーテンレールに取り付けます。

カーテンを吊るす


この季節に洗えば、暑いので そのまま乾きます。

カーテン洗濯終了

なんとか洗濯終了! きれい! 



にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村  ← ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。


2011.09.13.Tue

先斗町の街並み

先斗町の最寄り駅のひとつ、地下鉄の京阪祇園四条駅
祇園四条駅


地下鉄を出て、
鴨川の向こうに先斗町の納涼床(のうりょうゆか)が見えます。
鴨川と納涼床の街並み


四条通からの先斗町入口 
先斗町看板 四条大橋西詰交番の横  

先斗町のれん会←リンクはこちら



朝はこんなに静かです。
先斗町黒い格子戸


犬矢来のある風情ある街並み
先斗町街並

犬矢来(いぬやらい)は、駒寄せともいい、竹や木を曲線に組んだものです。

外壁を 犬や馬による泥はねの汚れや、傷から守るために設けられました。

また、泥棒除けの役割も。

京町家に調和する竹の造形が、風情をあたえてくれています。




そんな街の一画にうるしの常三郎先斗町店があります。

四条通から北に上がって十軒目程の西側(左側)
先斗町店(横) 

株式会社うるしの常三郎先斗町店 
〒604-8015 京都市中京区先斗町通四条上ル鍋屋町
          TEL 075-211-0678
営業時間  12:00~20:00(他の常三郎店舗とは違う時間帯です)


店舗のご紹介は またゆっくりと



にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村  ← ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。


2011.09.11.Sun

麦わら細工のようなバッタ

出勤の車の中からみた初秋の空と比叡山

比叡山と秋の空


本日、うるしの常三郎曼殊院道店前の植込みに 何かがいました。

笹の葉の枯れたような・・・麦わら細工のような何かが・・・・?

まあ!昆虫?  う~んなんでしょう?
画像をクリック↑


http://blog-imgs-46.fc2.com/u/r/u/urushinokyoto/20110831215514402.jpg" alt="不思議な昆虫と指" border="0" width="389" height="292" />">不思議な昆虫と指


ヒャッ!!

バッタですよね?

昆虫に うとい私にはこれ以上はわかりません・・・。

スタッフが、指で突こうとしたら

ブワ~!と羽をふるわせて逃げていきました。


鷺森神社の木


鷺の森の住人だったのでしょうか?

森の奥へ消えて行ってしまいました。



にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村  ← ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。


2011.09.10.Sat

菊づくし 重陽の節句

9月9日は重陽の節句
別名 菊の節句ともよばれています。

菊は邪気を払い、長寿をもたらすとものといわれてきました。
菊の花を飾ったり、花びらをうかべた菊酒を酌み交わして重陽の節句を祝います。

その昔宮中では、着せ綿という風習があったとのこと。

節句前夜に菊の花の上に綿(わた)をかぶせて一晩おきます。
翌朝(重陽の節句当日)菊の花の香りと夜露がしみこんだ綿で身体をぬぐい、
邪気を払ったといいます。


この生菓子は <着せ綿>
着せ綿・重陽の節句 
ことしは 永楽屋さん(河原町通四条の京菓子)の着せ綿にしました。



うるしの常三郎にもいくつかの、菊花意匠の商品があります。


欅 菊香合
欅 拭漆菊香合¥5,900 (皆様に卸値でご提供しております)


菊彫 日の丸香合
菊彫日の丸香合 ¥12,500 木製 漆塗

     

この沈金も菊彫ともいえる意匠です。
金毛彫中棗   朱塗金毛彫中棗1
金毛彫中棗 ¥12,600 木製 漆塗                    


http://blog-imgs-46.fc2.com/u/r/u/urushinokyoto/2011090706102485b.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/u/r/u/urushinokyoto/2011090706102485bs.jpg" alt="茶杓 高台寺(菊桐)" border="0" width="90" height="120" />">茶杓 高台寺(菊桐) ←画像をクリック
輪島塗高台寺蒔絵(菊桐蒔絵)茶杓¥4,200   



菊花の意匠は秋の象徴として、たくさんの品に生かされています。



さて、ほっこりしたところで、
濃いめのお茶と、菊の花のお菓子をいただきましょうか。

着せ綿・干菓子
 
菊皿 溜  菊皿 洗朱  
菊皿(溜色・洗朱) 1枚¥1,500(直径21cm) 漆塗



にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村  ← ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。



« NEW  | HOME |  OLD »