FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2011.10.20.Thu

わたし「おのぼりさん」です<2>  銀座スゥイーツ

銀座に美味しいお店は星の数ほどありますが、
私はフルーツの<銀座千疋屋>に行きたいと思っていました。

○○十年前のまだほんの少女だった時に( 私が可愛いかった?頃  )
大学生だった姉達が連れていってくれた思い出のフルーツパーラーです。

銀座千疋屋  千疋屋のれん


皆さんご存じのとおり、一階がフルーツショップで地下一階と二階がパーラー
思い出の頃と同じだったことに感激!!


銀座千疋屋フルーツパーラー1


椅子にかけて順番を待っていると
ショーウインドウの中が気になります。
やや!・・・あれは? モンブランのあるショーウインドー



この形にひとめぼれ  ひとめぼれ


もっと「フルーツたっぷり」を注文しようとしていたのに 
フルーツメニュー


選んだのは、モンブラン 
 千疋屋モンブラン


相棒のアップルパイも美人です。写真だけ撮らせてね。
千疋屋アップルパイ



モンブラン・・もちろん味も文句なし!
中にも栗がコロンと入っていて、クリームの甘さを和らげてくれます。
(マロンクリームのほかに二種のクリームで構成)
千疋屋モンブランセット

添えてあったフルーツも!・・・特にイチジクは人生最高のイチジクでした 




さて、スタッフみんなへのお土産は、
こちらも大好きな<銀座あけぼの>で選びました。

あけぼの のお菓子はていねいに作られていて美味しいのがお気に入りです。
しかも、銀座にあっても お値段が高すぎないのがありがたい。

銀座あけぼの<もちどら>

今回は、「もちどら」なるお菓子を買いました。
京都の「 阿闍梨餅 」のような食感かと想像します。
やわらかくて美味しいうちにみんなに配ろっと 




「おのぼりさん」が撮った最後の写真は
ソニービルの櫻井翔さん↓
http://blog-imgs-47.fc2.com/u/r/u/urushinokyoto/20111016092512d3b.jpg" alt="ソニービル" border="0" width="288" height="384" /> 画像をクリックすれば少しワイドに">ソニービル 画像をクリックすれば少し近く


さて、千疋屋さんでも、あけぼのさんでも、みなさんスタッフの笑顔がすばらしい!!
「ホッとさせてくれる笑顔」って日本の財産ですね。

明日からの私も
笑顔で皆様をお迎えしようと決心するのでした。


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村 

2011.10.18.Tue

☆華麗なる京蒔絵展☆ 東京三井記念美術館に行ってきました☆ 

東京日本橋にある三井記念美術館では

11月13日(日)まで < 華麗なる京蒔絵 三井家と象彦漆器 > と題する特別展が開催されています。

三井記念美術館入口


午後から東京で仕事がありましたので、早朝に京都を出発して仕事前に展覧会に。


チケット表    チケット裏

明治から昭和 戦前期にかけての
三井家旧蔵品を中心とする漆匠象彦の優品約70点を通して
華麗な京蒔絵の魅力を紹介する展覧会です。

三井家の特別注文によって誕生した数多くの豪華な蒔絵

美術展図録
美術展を写真撮影することはできませんので、図録写真をご参考に


美術展出品図録1


美術展出品図録2


美術展出品図録3

「日本が誇る伝統工芸「蒔絵」の華やかな煌めきをご堪能ください。」とありましたが、
まさに圧巻という蒔絵を鑑賞することができました。


また、この美術館は重要文化財の洋風建築三井本館内に位置しており

展示室の一部は三井家の食堂や応接室だったところだそうです。
この洋館の内部を拝見することも楽しみのひとつでした。



元書庫前の扉  展示室から一歩出た廊下の写真です。


この頑丈そうな金庫の扉は、書庫として使われていたものとか。
元書庫前の扉1


書庫扉説明プレート


ミュージーアムショップカード ミュージーアムショップに立ち寄って・・・

その後、美術館を出ようとしましたら、
たくさんの、展覧会場に向かう人々と入れ違いになりました。

日本の伝統工芸 蒔絵の美に興味を持つ方が 多くいらっしゃることを
嬉しく思いながら美術館を後にしました。


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村 
2011.10.16.Sun

わたし「おのぼりさん」です<1> 東京日本橋三井タワーをめざして

東京日帰り出張

仕事の前に、三井記念美術館を訪れたいと思い立ち、早朝の新幹線に乗りました。
東京駅から美術館のある日本橋三井タワーをめざします。

東京駅八重洲口からメトロリンクという無料巡回バスもあるとのことでしたが 
日本橋口から歩ける距離なので、徒歩でむかいます。

シャトルバス これがメトロリンク?(追記:調べてみたら違うようです。)


何しろ「おのぼりさん」ですので、キョロキョロ・・・ウロウロ。

近くのビルの警備員さん、自転車の若いお巡りさんに道を尋ねたり、
初めて見る建物に驚いたり。


これは、貨幣博物館  「ほー!」
貨幣博物館入口


貨幣博物館


三越本店  「ほー!」
日本橋三越



そして、日本銀行前には観光バス?も停車 「ほー!」
日本銀行と観光バス



ヤッター!向こうに三井タワーが見えています。
日銀より日本橋三井タワーを臨む



やっぱりこれが、巡回バスのメトロリンク???  
乗らずに歩きましたが楽しく到着できました。
レトロな循環バス
[追記:レトロなバスですが、メトロリンクではないようです( 笑!)]



三井記念美術館  
三井タワーの7階にあるこの美術館で、京蒔絵の美術展が開催されているのです。
三井記念美術館入口

次回は美術展についてお伝えします。



↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村 

2011.10.15.Sat

相国寺の石灯篭を私流に鑑賞

同志社大学今出川キャンパスの近くに
臨済宗相国寺派の大本山 相国寺(しょうこくじ)があります。

同志社大学今出川キャンパス  同志社大学


ときどき、境内にある美術館を訪れるので
私にとって親しみのある寺院です。
承天閣看板 承天閣美術館看板


下の写真は 相国寺法堂渡り廊下
相国寺法堂渡り廊下

境内のお庭に、たくさんの石灯篭をみつけることができます。

はじめの石灯篭には、下で ささえる動物がいます。
ライオンに見えるという人もいますが、私にはゴリラに見えてしまいます。
相国寺石灯篭1


緑の中には・・・シンプルな形の石灯篭
相国寺石灯篭3


こちらは、頭が大きい。宝珠の部分が ちょんまげの様にも見えます。
相国寺石灯篭2


石灯篭を鑑賞しながら(?) 歩いていると、
お庭の手入れをなさっている方々に遭遇。
相国寺庭の手入れ


石灯篭の似合う美しい庭を守る庭師さんでした。
相国寺庭

日本庭園や灯篭のことなど、もう少し勉強してから訪れたいですね。
「ゴリラ」・「ちょんまげ」なんて失礼なことを言ってしまいました。
庭師の方々のお仕事ぶりに、我に帰った私は・・・赤面してしまいました。


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村 

2011.10.13.Thu

欅 たまご椀

うるしの常三郎オリジナル商品のご紹介です。

欅 拭漆 たまご椀・・・直接 卵とは関係がありません。
DSC02399.jpg     DSC02485.jpg

たまご椀とは?

小さなお椀がふたつ(深いお椀と少し浅いお椀)、それに小皿がひとつ
DSC02482.jpg



これを組立てれば・・・・
DSC02484.jpg  DSC02483.jpg



卵のような形
たまご椀   DSC02399.jpg
欅 拭漆 たまご椀 \5,250 化粧紙箱入り
(直径9.5cm 高さ13.5cm)


赤ちゃんの「お喰い初めセット」として、その後の子供用和食器として。
お孫さんへのプレゼントにも人気です。

木製・本うるし なのでお子様のご使用にも安心です。

また、お椀をタレ用小鉢と見立てれば、お皿は薬味入れとしても使えそう。
工夫次第でいろいろ楽しめます。

もちろん、「 たまご椀なのだから 」と
生卵のために、お買求めくださるかたもいらっしゃいます。



↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村 

« NEW  | HOME |  OLD »