FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2011.12.31.Sat

お正月そして普段にも使える器

お正月の器
おせちの取り皿としてお勧めなのが < 洗朱椿皿 >
洗朱椿皿(五枚組)
洗朱椿皿(五枚組)\19,800

お正月が終わっても、和菓子の銘々皿として、
また、お刺身や荒熱を取った天婦羅にも。
いつものおかずが御馳走になります。


さてもう一つは、< 輪島塗合鹿椀 >
輪島塗合鹿椀
輪島塗合鹿椀 各一客 \19,800


輪島の職人さんに作っていただいた、本格的な合鹿椀です。
栗の横木を使った野趣あふれる品と、スッとスマートなフォルムの欅の椀。
どちらも、総黒と、黒内朱の二種類ずつあります。

お正月ばかりでなく、いつも使える器をめざして
価格もかなりお手頃となっております。


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村


2011.12.22.Thu

季刊 京都 ☆ 新年特別企画雑誌 に掲載されました☆

成美堂出版の、<季刊 京都>新年特別企画に
うるしの常三郎の汁椀・丼 それにお箸を掲載していただきました。

季刊 京都

~ハレの日を準備する京のキッチン用品~の記事の中で

お料理を「いただく」というページに、
「 福寿羽反汁椀・栗合鹿椀・本乾漆箸 」の三品が載っています。

うるしの常三郎の商品掲載ページ


福寿羽反汁椀
ロクロ木地・下地・塗りにいたるまで
一流の職人さんに丁寧に作っていただいた品です。
欅 羽反福寿汁椀


栗合鹿椀
以前にも紹介いたしましたが
歪みを生かした野趣あふれる丼です。
栗 黒拭漆合鹿椀


そして本乾漆箸
乾漆箸なのに、なめらかな口あたり。
箸先の細さが食べ物をつまみやすくしてくれています。
おうどんや素麺でも食べられるので、割箸いらず
本乾漆箸(黒)

本乾漆箸(朱)

実はこの御箸、私一押しの「大切な方への贈り物の一品」なのです。

写真では伝わらない良さを感じていただくために、
ぜひ、じかに御手にとってご覧ください。


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

2011.12.20.Tue

近江国最古の神社 「白髭神社」

琵琶湖の西岸滋賀県高島市にある、白髭神社(しらひげじんしゃ)は、
「湖中大鳥居」が有名です。
西近江路(国道161号線)、自動車を走らせていると
琵琶湖の中にすっくと建っている姿が見えます。

白髭神社鳥居

いつも遠出の途中で見ている鳥居

その本殿に、一度お参りしてみたいものだと思っていました。
今回願いが叶って、短時間でしたが参拝することができました。


白髭神社拝殿    白髭神社拝殿


いつまでも夫婦が健康で仲良くとの願いから
翁(おきな)と嫗(おうな)の「共白髪」の絵馬を購入

    白髭神社の絵馬

絵馬って願い事を書いて神社に奉納するものですよね。
「持って帰るのは邪道ですか?」

社務所の巫女さんは、
「お家に飾る方も沢山おられますよ。」と言ってくださいました。

それなら私もお家に飾って、ぜひ参拝の記念に。

白髭神社拝殿1


琵琶湖畔の、国道沿いの神社ですが、
境内は静かで、神聖な空気が流れているようでした。


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村


2011.12.16.Fri

お蕎麦屋さんで見つけた「松の木の丸膳」

三越銀座店の中にある お蕎麦屋さん「箱根 暁庵さん」
はじめて訪れたこのお店で、感激したこと

三越内お蕎麦屋さん


その一 お店の方たちの笑顔が、とてもさわやかだったこと


ざる蕎麦二人前


その二 コシのある美味しいお蕎麦


鴨南ばん       ざる蕎麦
アツアツの「鴨南ばん」       氷水でキリッと「ざる蕎麦」


その三 年代物の、松の丸膳を使っていたこと
     
お盆も兼ねた、ぶあつくてゴツゴツとした風合いの 御膳
長い間の使用に耐えて、ほんの少し歪んだことが、かえって魅力を深めています。

松の丸盆

代々続くお蕎麦屋さんでも、
ついついプラスチックなどを使っている・・・なんてことも多い昨今ですが

松の趣きある丸膳が、今も現役とはうれしい!!
こんなふうに使ってくださったら、御膳も働き甲斐があるというものです。


コシのある美味しいお蕎麦と、やさしい笑顔のお店スタッフ
それに存在感ある「松の木の丸膳」

もう一度会いたいものが沢山あるお蕎麦屋さんでした。


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村



2011.12.12.Mon

阿闍梨(あじゃり)様 そして 阿闍梨餅

比叡山登山口の近くにすんでいた二十五年ほど前のこと
真夜中のきらら坂

背筋を伸ばしてサッサッと坂道を登って行く
精悍な白い影を見たことがあります。

天台宗の高僧 阿闍梨様(あじゃりさま)の
比叡山千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)を
家の中から目撃させていただいたのです。

お見かけするに、決してお若くはない様子なのに
走っているかのような すばらしい速さで行ってしまいました。
まるで風のように・・・とはこういうことかと感激したのを覚えています。

森


この荒行で歩く距離は、地球1周に匹敵する4万Kmにも及び
行(ぎょう)を初めて五年目に行われる九日間の「断食、断水、不眠、不臥の行」を経て
満行まで七年間をかけて、通算1000日の間行なわれる想像を絶する修行だそうです。


阿闍利様の絵の紙袋


さて、阿闍梨餅(あじゃりもち)は
この阿闍梨様がかぶる網代笠を模したことから
この名がついたとされるお菓子です。


もちもちした皮の中につぶ餡がタップリ 
阿闍利餅ひとつ


地元の私立の女子高校で、文化祭や体育祭の日に生徒に配られたり
とても身近なお菓子でした。

阿闍利餅

ところが最近、観光の方達にも人気だということを知りました。
京都駅ビルの京名菓のコーナーにも長い行列ができているとのこと。
身近なお菓子が有名になることは嬉しくもあり、距離ができたようで寂しくもあり・・・・。



ところで、話は戻ります。

ある朝、上一乗寺の坂
沿道の両側にたくさんのおばあちゃん達が集まっています。
皆さん道端の石に腰をおろしたり、なかにはイ草ゴザを敷いてその上に正座したりして
何かを待っている様子です。

阿闍梨様が通るのを待っているのです。

おばあちゃんたちは言います。
「仏様を待つような気持でお待ちしとります。」

修行の間 人々の平安を祈り続けるという阿闍梨様は
おばあちゃん達にとって「ありがたく、しかも親しみのある存在」なのだと感じました。


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村


 | HOME |  OLD »