FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2011.12.10.Sat

クリスマスを待つパン☆シュト―レン

秋の旅行の時にお世話になったJ ちゃんから国際郵便が届きました 

ドイツのパン<シュト―レン>!!
ワ~ 
パン職人マイヤーさんの工房で焼かれたパンです。

ツリーとシュト―レン

シュト―レンは、ドイツの [クリスマスを待つパン] 

クリスマスの一カ月ほど前に作って、 薄くスライスしながら少しずつ食べるのだそう  
指折り数えながら毎日少しずつ食べていって、
パンがすっかりなくなった頃、クリスマスがやってくる   

「もういくつ寝ると  」 お正月を待つ日本の子供たちとおんなじですね。

マイヤーさんの  シュト―レン
  シュト―レン                この写真は撮影用に厚めにカットしています。


パンの上には、アイシングという 雪のような白い砂糖のお化粧が。

J ちゃんの手紙に
「フルーツがたくさん入っていて、とってもリッチでスパイシーなパンです。」
「作って一週間程すると、フルーツやスパイスの味がしみわたって、いっそう美味しくなります。」
と、書いてありました。


美味しい!! 
主人は「贅沢なパンだね!」「お菓子のよう」と絶賛していました。

なるほど「リッチとスパイシー」の意味がわかりました。
日本で食べるものより濃厚で、レーズンなどのフルーツのほかに
カルダモンやアニスシードといった香辛料が香ります。

もうひとつ
お手紙の内容で私が気になったのは、パンと一緒に味わう [ ホットワイン  ]
赤ワインにシナモン・生姜・スライスオレンジを入れ、煮込んで作るそう・・・・。
J ちゃんは、これに蜂蜜をいれて飲むんですって!!

これもいいな~
ぜひ、試してみたいです 


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

 | HOME |