FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2012.02.23.Thu

印籠百展 ☆ 清水三年坂美術館

清水三年坂美術館 京都 清水三年坂美術館


幕末・明治の蒔絵や金工、七宝、京薩摩の美術館として
貴重な品々を所蔵している美術館です。
パンフレット 美術館パンフレット


この 清水三年坂美術館において
2月24日(金)より三ヶ月にわたって 

< 印籠百展 > と題する展覧会が開催されます。
↑詳しくはクリック

印籠パンフレット


印籠(いんろう)は、当初は印鑑や朱肉を入れる箱でしたが
武士が薬を入れて腰に提げて持ち歩いたのが
現在のかたちの始まりだとされています。

やがて江戸時代には豪華な蒔絵で装飾され、
町人の間でも おしゃれな小道具として流行したということです。

さらに、幕末・明治になると美術品として収集されるようになりました。


http://blog-imgs-29.fc2.com/u/r/u/urushinokyoto/201202222115139de.jpg" alt="印籠" border="0" width="341" height="358" />">印籠


会期中
美術館のコレクションである
幕末・明治の名工の作品が展示されるとのこと
今からとても楽しみです。

清水三年坂美術館
〒605-0862
京都市東山区清水3丁目337-1
TEL075-532-4270


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

 | HOME |