FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2012.06.01.Fri

☆ ヤマブキのべっ甲煮 ☆ ミズブキの塩昆布和え

香木の伽羅(きゃら)のような色の「キャラブキ」
我家の蕗は、伽羅ほどは色が濃くないので、
「べっ甲煮」とでも名付けましょうか?

<山蕗のべっ甲煮>
盛鉢の山蕗

おだしと酒、醤油のみ・・・砂糖やみりんは入れていません。

あえてシャキシャキした歯ごたえにしたいので、
下茹は手みじかに。
しかも、下茹後は冷たい水にとります。


筋とりの前と後
DSC06307.jpg   DSC06309_20120526213340.jpg                                            

普通の蕗より短くて細い山蕗・・・・一本ずつ筋を取るのがちょっと面倒くさい!!
それをクリアすればあとは油で炒め煮するだけです。

先日、筋とりを主人に手伝ってもらって、
やっと出来上がったべっ甲煮

遅く帰った息子が、残していた分 = [丼ぶり一杯]平らげてしまいました。

「エッ!!ア~ア!! (+o+)

明日のお楽しみを奪われた 主人の落胆した声 


             

 
でも御安心・・・・

数日後、知り合いの方から <ミズブキ>なる美味をいただいたのです。


この葉を見ると、植物学的には蕗ではなさそうなのですが
DSC06474.jpg


葉を取ったら形も味も蕗そのもの DSC06473.jpg


奥様のお話では
「下茹でしたあと、塩昆布をまぶすと美味しい・・・」とのこと


<ミズブキの塩昆布和え>
DSC06488.jpg 


「 ピリ辛炒めもいいですよ (^.^) 」とのアドバイスに作ったのが・・・

<ミズブキの豆板醤炒め>
DSC06491.jpg
ほんとだ! ほんとうの蕗より蕗の味?! まさに主人好みです。   


DSC06497.jpg

いただきます!

どちらも verygood   また好物がふえました (^・^)


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

 | HOME |