FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2012.06.07.Thu

☆ 漆器  = JAPAN ☆

これは、

所蔵品  「鳴子蒔絵硯箱」

幕末から明治初期の蒔絵の名品です。

是真1
柴田是真 作 「鳴子蒔絵硯箱」


陶器を「チャイナ」とよぶように、

漆器を「ジャパン」とよぶ・・・・という人もいます。


    漆器 = JAPAN


確かに漆器は、日本を代表する伝統工芸です。

江間長閑1
江間長閑作「五十嵐道甫 七夕蒔絵硯箱写し」   所蔵品



蓋を開けると、ただよう雲間に織姫の姿
蓋裏七夕蒔絵


五十嵐道甫は江戸初期の蒔絵師

その作品を写した 江間長閑(大正~昭和)は、その作品について

「典雅と精微を併せて・・・完全なる調和となせる・・・ 」

と先人の手仕事に敬意を表しています。

DSC_0085.jpg http://blog-imgs-56.fc2.com/u/r/u/urushinokyoto/DSC_0085.jpg 
↑長閑筆の讃


世界に誇れる工芸の美を、うるしの常三郎はこれからもご紹介してゆきたいと思います。


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

 | HOME |