FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2012.08.05.Sun

☆ 人間国宝 音丸耕堂先生の 「 うるしの常三郎看板 」


うるしの常三郎 (つねさぶろう) の看板の文字は

彫漆の人間国宝 音丸耕堂先生 の書によるものです。


うるしの常三郎


音丸耕堂先生は人間国宝の制度ができた昭和30年に認定され、

平成9年に99歳で亡くなられるまで

彫漆の第一人者として活躍されていらっしゃいました。



彫漆とは、何十回、何百回と塗り重ねた漆の層を

彫ることによってうまれる装飾の技法です。

古くからの技法「堆朱(ついしゅ)」もこの彫漆の一種です。


120728_153639.jpg
音丸耕堂 作 彫漆水差


耕堂先生は、とても穏やかな方で

私共がはじめて小売店を開くときに、この看板の文字を

単に揮毫(きごう)してくださったというよりも

「がんばれ!」というお気持ちを込めて贈ってくださったものです。


私共も この書に恥ずかしくないように

真面目で実直な仕事をしていくことを誇りとして

ひとりひとりが、日々 努めております。




↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

 | HOME |