FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2012.08.17.Fri

☆ 大文字焼きではありません! ☆ 京都五山送り火

毎年8月16日に京都で行われる「五山送り火」

ほかの地方の方が よく「大文字焼き」と

おっしゃることがありますが、京都ではそうは言いません。


亡くなられた先祖の魂を、精霊(しょらい)さんと呼びます。

地元の方々は、

お盆にお迎えした精霊さんを 見送るための

「大文字の送り火」「五山送り火」という言葉を

大切にしているようにも思えます。



送り火当日、家の近くの「妙・法」の山を望むと、
点々と火床の準備のようすが見えていました。
DSC07322.jpg

DSC07323.jpg



最初に点火するのは、如意ヶ嶽「大文字」
DSC07335.jpg


午後8時
たくさんの煙がもくもく・・・・。
DSC07334.jpg



DSC_0210.jpg  松ヶ崎「妙法」  DSC_0209.jpg



      DSC_0217.jpg  西賀茂「舟形万灯籠」



      大北山 「左大文字」  DSC_0224.jpg



「大文字」「妙法」「舟形」「左大文字」と順番に点火され、最後は嵯峨の「鳥居形」

他の山は、木を組んで火床にしますが、鳥居形は松明を担いだ若者が走って、

そのまま火床に松明を突き立てて燃やします。

(しかも、鳥居形だけは嵯峨野方面に行かなければ、市内からは見ることができません。)



順々に燈る送り火・・・・暗闇にあかあかと燃える炎

亡くなった親しい人達にお別れをして・・・

それから、順々静かに消えていく

五山すべてが消えてしまうと、なんだか寂しくなります。




ところで

この季節になるとあちこちの和菓子屋さんで

送り火にちなんだお菓子を売りだします。

そのひとつがこちら

DSC07298.jpg


いただいて包みを開けたら、大文字の焼印がおしてありました。

DSC07297.jpg

このお菓子なら「大文字焼き」と言ってもおかしくないかも?(笑)

なーんて言いながら

今日も最後は、美味しい物のお話で しめくくりとなりました!



↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

 | HOME |