FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2015.08.02.Sun

「漆とおばけの世界展」


こんにちは 京都うるしの常三郎です。


石川県輪島漆芸美術館では、

この夏休み期間・・9月6(日)まで

石川県立輪島漆芸美術館



「漆とおばけの世界展」 
~ まっくらやみから うるわしや ~ 👻
   が

開催されています。


漆芸美術館企画展



この展覧会のテーマは、

漆とおばけ(妖怪)という

全く関係のないように見えるふたつの物が、

実は

古い時代から共に生きてきたという不思議な世界を紹介する企画です。


    


江戸時代の狩野常信が描いたのは

大きな盃をかぶってユーモラスに歩いている  

酒好きの 伝説上の生きもの 猩々(しょうじょう)


七人猩々図
七人猩々図 




また、魂を持った器物が目鼻や手足を持っている図は

ちょっと怖いような~~??

と思いきや・・・


なんとも ひょうきん


DSC03389.jpg


漆器の高坏
たかつき


角だらい
DSC03391.jpg



「角だらい」は左右に取っ手のついた、

洗顔などに使う漆器のタライです。



つのだらい

四本の角が足みたい



〔幽霊と お歯黒鉢〕や〔ガイコツの根付〕など、ちょっと怖い物もありましたが、

    

DSC03396_201508022144190f7.jpg

      



うるわしくユーモラスな漆器とおばけの世界は 

夏休み お子さんと楽しめる展覧会です。



DSC03390.jpg
今回の写真は、ほぼパンフレットからいただきました。



おしまいに、輪島市のマスコットキャラクター

〔わんじま〕 も、お椀に目鼻が・・・・

なんだか 

今回の妖怪くん達と同じなような・・・?



わんじま缶バッチ
「わんじま」缶バッチ






通販サイト http://www1.enekoshop.jp/shop/urushi-kyoto/
Twitter   http://twitter.com/urushino_kyoto/

ランキングに参加しています。
↓ クリック応援お願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

« NEW  | HOME |