FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2016.03.31.Thu

縁側の木材  〔芭蕉の館〕にて


こんにちは 京都うるしの常三郎です。

うるしの常三郎Webサイトはここをクリック↓
http://www.urushinotsunesaburo.com/




庭に出るための下駄がお行儀よく並んでいます。
木目の美しい縁側の板が今日の主人公です。

縁側の下駄



ここは奥の細道で松尾芭蕉が、九日間滞在した山中温泉。
二人旅で苦楽を共にした弟子の曾良と、芭蕉はこの地で別れることとなります。

DSC01963.jpg



前回のブログで、松尾芭蕉の墓のお話をして、
以前訪ねた〔芭蕉の館〕を思い出しました。

芭蕉の館



古い宿屋が今は 資料館になっていて、

資料室



趣きあるお部屋を自由に見て歩くことができます。

資料室1



お庭もきれい

芭蕉の館庭



そして最も印象的だったのはこの縁側

縁側



その床板の美しさでした。

縁側アップ



杉材でしょうか?
長い年月を経ている木の板は、やわらかい層がやせて、
堅い層をうきだたせています。

縁側の木目



う~ん!!
やっぱりいいなあ!

庭に出るための下駄がお行儀よく並んでいて、
木目の美しい縁側の板が、建物の長い年月を物語っています。

縁側の下駄







ホームページhttp://www.urushinotsunesaburo.com/"> http://www.urushinotsunesaburo.com/
通販サイト  http://www1.enekoshop.jp/shop/urushi-kyoto/
Twitter   http://twitter.com/urushino_kyoto/

ランキングに参加しています。
↓ クリック応援お願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

 | HOME |