FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2012.01.29.Sun

ロッキー山脈の松をいかして ☆ スパンクラフト

木の魅力を活かしたアメリカのインテリアを紹介します。

ロッキー山脈の、標高2000m以上の高地に生息する
「ブリッスルコーンパイン」という松の木で作られた引出し
<スパンクラフト>
自然の樹木の息吹が感じられる品ということで、20年程前から販売をしています。

山火事で焼け残り、立枯れた松の木は
虫が入ることもなく自然のままの形に加工することを可能にしました。
DSC_0013.jpg



引出しの表面は、くり抜いたものがそのまま使われています。
大きさの種類は、幅 9cmの小さな物から幅 40cmまで各種
価格は 大きさや引出しの数によっても違います。(¥3,150~¥60,000まであります。)
DSC_0017.jpg  DSC_0019.jpg
ひとつとして同じものがありません。



DSC04106.jpg こんな小さなサイズも!!(幅 9cm)
スパンクラフト3-1(¥3,800)


フェルトペンを置いてみると CSC_0050.jpg
大きさがわかります。



引出しを開けたところ    DSC_0014.jpg



こんな風に、隠し引出しが ついているものも
DSC_0016.jpg


アメリカにも「こだわりの品」を作る職人さんがいるんですね。


こんな丸い引き出しもあります。
DSC_0022.jpg


山火事の災難を免れて残った 巨木の松 ブリッスルコーンパイン

その木の 強い生命力を感じることができる品 
自然の「木の香」も魅力です。 < MADE IN U.S.A >

軽井沢店、哲学の道店、神宮道店でご覧ください。(不定休)  


↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

トラックバック

http://urushinokyoto.blog33.fc2.com/tb.php/179-334ca999

 | HOME |