FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2012.09.13.Thu

☆ 故郷にて その二 ☆


来年のNHK大河ドラマは 「八重の桜」

同志社大学の創設者 [ 新島襄氏 ] の妻 [ 新島八重さん ] が主人公です。

八重さんは幕末の会津若松で生まれ、戊辰戦争を生きぬき

のちに、京都にて新島襄と出逢います。

ドラマは来年の放送ですが、

会津若松市ではすでに「八重ブーム」ともいうべき現象でした。


八重の実家 山本家の菩提寺 臨済宗「宝雲山 大龍寺」

私達は、身内のお墓参りで大龍寺を訪れました。

DSC07726.jpg


車の通る裏口から境内に入ると、

赤い頭巾とよだれかけのお地蔵さまが出迎えてくれます。

DSC07725.jpg


そして墓所までの道みち、以前は無かった道案内板があちこちに・・・・


「八重・会津・・・山本家墓所

            お静かに願います」


DSC07722.jpg


お水とお花を持って歩いて行くと、

なぜかその案内板に従って 山本家の墓所まで歩いているような・・・・。

それもそのはず私達の身内のお墓は、山本家の墓所のすぐ前だったのです。

DSC07713.jpg


山本家の墓標の文字は八重さんの書とのこと
DSC07714.jpg

ドラマはまだ始まっていませんが

初老の御夫婦が、すでにお参りにいらしていました。

会津の人々の 八重の物語に対する、期待の大きさを感じます。



そういえば、

会津観光のお手伝いをしている「サムライシティー会津隊」のサムライ達も

DSC07784-2.jpg  DSC07779.jpg


サムライスタイルの仕上げに(?)

八重のキャラクター「八重たん」のバッチを付けていました。

DSC07788.jpg


さて話は飛びますが、京都うるしの常三郎・哲学の道店の近く、

若王子〈にゃくおうじ)神社の傍らに、

「新島襄先生墓地登り口」という石標があります。

我家の息子が幼稚園のときに、園のお友達と登って

新島襄さんのお墓参りをしたことがあります。

幼い子供達には少々キツイ山道でしたが、

ところどころ階段が整備されていたのを思い出します。


静かな山の上の墓所

八重さんもそこに眠っていらっしゃるのでしょうか?

「会津と京都 」ふたつの墓所に、少しだけ御縁があって

私も来年の大河ドラマが楽しみとなりました。



↓ ランキングに参加しています。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

トラックバック

http://urushinokyoto.blog33.fc2.com/tb.php/321-313b5f6a

 | HOME |