FC2ブログ

うるしの常三郎スタッフブログ

京都の漆器専門店 [ うるしのツネさぶろう ] のブログです。  

2015.08.15.Sat

「魯山人の美 和食の天才」展 京都国立近代美術館


こんにちは 京都うるしの常三郎です。


京都国立近代美術館で開催されている

「魯山人の美」展 に出かけました。

料理人であり美食家であり、

陶芸・書・篆刻・漆器と幅広い作品を残す

異才の芸術家 北大路魯山人の世界を紹介する展覧会です。


魯山人の美 展




京都近代美術館魯山人展2
京都国立近代美術館 入口




魯山人の美



この展覧会は、

「器は料理の着物である」

「料理において尊ぶ美感というものは、
絵とか建築とか天然の美というものと全く同じでありまして、
美術の美、料理上の美というもその元はひとつのものです」

という美食の道をきわめた北大路魯山人のことばを

体現するものでした。


木の葉銘々皿  図録よりの画像
              


でもむずかしく考えるよりは、

ワッ!と驚いて ホーッなるほど・・・

と思える美しい器をたくさん見せてもらったという印象でした。



先日見ていた家庭画報7月号では、
贅沢にも本物の魯山人作の器に、
料理・和菓子を盛りつけて撮った写真が掲載されていました。
下三枚が、その画像です。

家庭画報7月号より3 金彩宵月鉢  


家庭画報7月号より2 金彩宵月鉢に素麺を盛りつけて         


家庭画報7月号より 備前の銘々皿に和菓子をのせて 




私が今回好きになったのは、「織部俎板皿(おりべまないたざら)」

青い釉薬と茶色の鉄絵のコントラストが素敵でした。


織部俎板皿




そして「織部四方蓋物鉢」も素晴らしかった!

織部四方蓋物鉢


明日は、京都での展覧会最終日

終了後は下記で開催されます。

島根県 足立美術館にて 8月26日~10月12日
東京都 三井記念美術館にて 2016年4月12日~6月26日



疎水をはさんで
平安神宮大鳥居と京都国立近代美術館

京都近代美術館1
仁王門通りより撮影







通販サイト http://www1.enekoshop.jp/shop/urushi-kyoto/
Twitter   http://twitter.com/urushino_kyoto/

ランキングに参加しています。
↓ クリック応援お願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 伝統工芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
にほんブログ村

トラックバック

http://urushinokyoto.blog33.fc2.com/tb.php/654-401314dd

 | HOME |